加齢とともに気になる膝の痛みにはサプリメントで根本的に改善

男女

変形性膝関節症を改善する

膝

1000万人以上の患者数

40歳以上になると、膝の痛みを訴える人が増えてきます。50歳を超えるとその数はさらに増し、特に女性に多いとされます。この中高年に多い膝の痛みは、ほとんどが変形性膝関節症です。変形性膝関節症は、患者数は1000万人以上にものぼる非常に罹患率の高い病気で、放置すると次第に症状が進行していくという特徴を持つことが知られています。正常な膝関節は表面を軟骨が覆い、その弾力性に富んだ軟骨は膝関節内の衝撃をやわらげたり動きを滑らかにしたりする役目を担います。しかし、加齢によりこの軟骨は摩耗していくと次第に関節に負担がかかり、それにより膝の半月板が変性したり断裂したりすることで関節内に炎症が起こります。これが変形性膝関節症の典型的な症状で、この炎症が起こることで激しい痛みが生じ、膝の曲げ伸ばしや歩くことが困難になってしまうのです。変形性膝関節症は、症状が軽いうちに治療することで進行をくい止め、膝の痛みや動きづらさを改善することが可能とされています。

治療と改善

変形性膝関節症の治療は、まずは保存療法が行われます。これは、患部を電気等で温める等の物理療法、筋力を鍛える等のリハビリ療法、痛み止めを使用する薬物療法、サポーターで患部保護する装具療法などがあげられます。また、保存療法を行っても膝の痛みが軽減しない重度の症状の場合は手術が検討されます。これらが病院での治療ですが、これ以外に多くの人が改善を期待して使用しているのがサプリメントです。中でも、高い人気を誇るサプリメントの成分がグルコサミンです。グルコサミンは、軟骨や関節液に含まれる成分で、これを取ることで軟骨の滑らかさの改善が期待でき、それにより膝の痛みや炎症が抑えられると考えられているのです。この他に、同じく膝の痛みをやわらげる効果が期待されるコンドロイチンの人気も高く、グルコサミンと合わせて配合されているサプリメントも販売されています。

Copyright© 2016 加齢とともに気になる膝の痛みにはサプリメントで根本的に改善All Rights Reserved.